本文へ移動

概要

多摩療護園概要

経営主体  社会福祉法人 東京緑新会
理事長名  前田 雅尚
施 設 名  多摩療護園
園  長  平井 寛
施設の開設  1972 年4月1日(民間移譲2009年4月1日)
施設の種類  障害者支援施設
所 在 地  〒191-0042 東京都日野市程久保872-1
TEL/FAX  TEL:042-591-6885  FAX:042-591-6893
E-mail  tamaryogo@cc.wakwak.com
定員  生活介護80名(入所58、通所22) 短期入所2名  
事業者番号  生活介護   1313500504号
 施設入所支援         同上号
 短期入所           同上号

園の規模

敷 地 面 積  9,310.86 平方メートル
延 床 面 積   9,310.86平方メートル
建 物 構 造   鉄筋コンクリート造5階建
居  室     22平方メートル(48室、内ショートステイ用2室)
 大30平方メートル(12室)ストレッチャー型車いす利用者用等
主な設備   冷暖房設備・スプリンクラー設備・自動火災報知設備   
 天井走行リフト95台・リフト付車両 大型1台 ワゴン3台
 特殊浴槽5台・リハビリテーション機器  

沿革及び案内

園の沿革
 
  当園は、1972年(昭和47年)4月に都立民営方式による「東京都多摩更生園」という名称の身体障害者療護施設として開設されました。
 
  その後1998年(平成10年)には「東京都多摩療護園」に名称変更し、2009年(平成21年)には、それまで運営を担ってきた財団法人「多摩緑成会」から分離・独立した社会福祉法人「東京緑新会」が運営を引き継いでおります。この時に名称も「多摩療護園」となりました。
 
  現在、日常生活の大部分において介助を必要とする18歳以上の身体障害者58人が暮らしています。園では日常生活介助、機能低下予防とリラクゼーション、創作、地域社会との交流、自立生活支援等を通じて利用者の人権保障を確立することを柱に、ノーマライゼーションの理念に基づき、集団生活という限界を意識しつつも可能な限り、一般市民と同等な生活が営まれることを追求しています。
 
園の基本理念
 
1、ノーマライゼーションの理念に基づき、利用者が一般市民と同等の生活を営めるよう支援する。
 
2、施設と地域社会の交流を促進し、利用者の自立と社会進出を支援する。
 
3、障害者の自己決定権を尊重し、プライバシー等の人権に配慮しながら、利用者が園の運営に参加することを
   目指す。
 
4、利用者の個性を尊重し、各々のオーダー・ニーズに沿った「個別生活支援」を推進する。
 
私たちが目指す園のイメージ
 
1、近隣住民および、広く都民に開かれた施設
 
2、市民が様々な形で参加できる施設
 
3、障害者に学び、障害を知り、利用者の多様な生活と人権を尊重する施設
 
4、サービスの迅速化、効率化、適正化を追求する施設
 
5、新しい課題に挑戦する施設
ブログ《随時更新中》
多摩療護園通信
社会福祉法人東京緑新会
〒191-0042
東京都日野市程久保872-1
多摩療護園
TEL.042-591-6885
FAX.042-591-6893
TOPへ戻る